苦労の連続でした

苦労の連続でした な売却体験談

ニックネーム:堂山健 売却経験回数:1回 エリア:滋賀県大津市

売却活動をして初めて知ったこと・気づいたこと

若い頃に購入した一戸建てを売却して、東京都内にマンションを購入して住む予定でした。ただ、地方都市ということもあり、不動産売買には慣れていない私にとっては苦労の連続の売却活動になってしまいました。反省の意味も込めて今回の体験について記載しています。一言でいえば「売れない不動産はなかなか売れない」といった当たり前のことに気づきました。

一括査定してよかったこと

一括査定してないです

何社の不動産会社に相談したか、その不動産会社はどうやって見つけたか

2社:手の不動産屋と、問い合わせをして印象の良かったほうに決めました。今では同じ不動産物件であってもどこでも取り扱うことができることが多いのですが、掘り出し物物件もあるわけで、実際に足を運んでデータペースに載っていない物件も探すことにしました。これも住み替えのための情報収集になっています。今回は売却と住み替えの新しい物件を探す必要があったからです。

残念な不動産会社の対応(もしくは担当者の対応)

地元の不動産業者はおっとりしているせいか、なかなか連絡がなかったり、うまく伝言が伝わっていなかったりと、イライラする日々が続きました。ただ、結果的に大手の不動産会社にしたことで、地方と都市とのネットワークがうまく繋がったようで、その後は何とかうまくいくようになりました。担当者により仕事の出来にばらつきがあるのは仕方ありません。これは大手の不動産会社であっても同じことです。

取引した不動産会社に決めた理由

地方都市から都心への転居ということもあって、結局は大手企業の全国のネットワークを活用したほうが一戸建て売却とマンション購入がスムーズにいくと思ったからです。ただ、決定するまではいろいろとトラブルも多く発生し、なかなか思うように進まなかったことを思い出します。これも物件売却を実際に依頼してみないとわからないことでした。途中からうまくいったのでほっとしています。

もう一度売却活動するとしたら何に気をつけるか

物件の売却は二度目ですから、だいたいの流れがわかっています。だからこそ、前回お願いした不動産屋に仕事を依頼すると思います。また、インターネットも活用し、売却相場や見積り査定をしっかりと行い、より高い価格での物件売却を狙うと思います。今のマンションはお気に入りではありますが、それも場合によっては手放すことがあるかもしれません。常に物件相場には気を付けていきます。

最終的に売出価格をどうやって決めたか

家の住宅ローンの残債や引っ越し費用、新居の頭金をよく考えて、できる限り収支がプラスかトントンになるように売出価格を決定しました。ただ、利益を出そうとするとなぜか売れなくなるので、相場の金額を目安に考えることが大切です。周辺相場も日ごとに変動しますから、じっくり様子を見るか、期限を決めて買取してもらうかの決断は大切です。

これから売却活動する人へアドバイス

不動産の売却は、焦ってはいけません。とはいえ、タイミングも大切です。一度タイミングを逃すと次のタイミングがやってくるまで数か月から一年以上の月日が流れることがあります。毎日ネットで周辺相場やニュースを見て売り時や価格の下げ時を見極めたり、場合によっては買取で即決してしまうなど柔軟な対応が必要だと思います。

FavoriteLoadingこの体験談をお気に入り登録する

別の不動産売却体験談を読む


不動産売却体験談を検索