言われた通りにした結果

マンションの売却価格をチェック

マンション売却・賃貸の査定額を比較しましょう。
step 1
step 2
step 3

売却すると 提携数は全国2500店舗超

提携数は全国2500店舗超

言われた通りにした結果 な売却体験談

ニックネーム:大吾 売却経験回数:1回 エリア:埼玉県さいたま市

売却活動をして初めて知ったこと・気づいたこと

不動産売却での販売価格と言うのは売主が決める事が出来ると言います。 また、仲介を依頼する不動産会社との媒介契約には一般媒介契約を初め、専任媒介契約や専属専任媒介契約などの種類があり、媒介方法についても売主が決める事が出来ると言われており、不動産会社の言いなりになる必要が無いなど、色々な事を知りました。

一括査定してよかったこと

一括査定はしていません。

何社の不動産会社に相談したか、その不動産会社はどうやって見つけたか

6社:動産会社はインターネットで検索を行って探し出しました。 比較的知名度が高い会社が多かったのですが、相談をする時など近くに在る会社の方が便利だと感じていたので、大宮駅に近い場所にある不動産会社を多く選んだのです。 また、自宅のポストにチラシ広告が定期的に入る不動産会社にも相談をしたのです。

残念な不動産会社の対応(もしくは担当者の対応)

媒介契約の方法と言うのは、基本的に売主が決める事が出来るのですが、取り引きをしようとしていた会社の中には専任媒介契約であれば契約を交わしても良いと言った会社も有りました。 また、販売価格は査定をしてから金額を定めるため、希望額よりも査定額を最優先にすると言う印象が在る会社もあるなど、言われた通りにしなければならない残念な会社も有りました。

取引した不動産会社に決めた理由

取り引きをした不動産会社は顧客重視と言う感じの会社でした。 こちらの希望を重要視してくれる会社であり、媒介契約の方法についての説明や、こちらの意向などを聞いてくれて契約を交わすことが出来ましたし、希望の売り出し価格を提示したところ、査定額よりも高めではあるけれども販売をしてみないと解らないからと親身になってくれたのが決め手です。

もう一度売却活動するとしたら何に気をつけるか

売却する場合の売り出し価格は査定をして貰った金額と希望の価格で差が生じるケースは多いものです。 この時、どちらを優先するのかの基準として相場を知っておけば、査定額よりも高く売り出す事が出来ますし、相場よりも希望価格が高い場合でも、不動産会社が親身になってくれる事で売り出しを行う事が可能になるなど、相場を掴んでおくことは大切だと感じています。

最終的に売出価格をどうやって決めたか

住宅ローンの残りが有ること、売却後に物件の購入を考えていることを不動産会社の担当者に伝え、引越し費用や仲介手数料などを合計した金額を希望額として定め、担当者と相談をして売り出し価格を定めました。 価格は査定額よりも高くなってしまったのですが、引き下げる事で反響が起きるからと言われた売り出し価格を決めました。

これから売却活動する人へアドバイス

売却をする時にはまず最初に自宅の相場価格を掴む事を行ってください。 その上で、不動産会社を探して査定を受けるようにすれば、査定額が相場価格とどれだけ差が在るのかを知ることが出来ます。 また、1円でも高く売りたいと考える人は多いものですが、売り出す時の価格も、相場と希望額の差を知ることで幾らなら売れると言う事が解るようになるのです。

FavoriteLoadingこの体験談をお気に入り登録する

別の不動産売却体験談を読む


不動産売却体験談を検索