居住中の内覧

マンションの売却価格をチェック

マンション売却・賃貸の査定額を比較しましょう。
step 1
step 2
step 3

売却すると 提携数は全国2500店舗超

提携数は全国2500店舗超

居住中の内覧 な売却体験談

ニックネーム:世田谷大好きっ子 売却経験回数:2回 エリア:東京都世田谷区

売却活動をして初めて知ったこと・気づいたこと

今回は売却を急いでいたため、居住中の部屋を内覧してもらい、売却活動を進めました。 以前に売却したときは、売れるまでに時間がかかってしまいましたが、今回は転居日までに売れたため、とても助かりました。 また不動産会社の担当者により、それぞれ得手・不得手な分野があることもわかり、今回お願いした方はマンション売却が得意な方だったので、とても頼もしかったです。

一括査定してよかったこと

一括査定はしていません。

何社の不動産会社に相談したか、その不動産会社はどうやって見つけたか

3社:ことができる、営業時間の長い会社を中心にして、不動産会社を探しました。 なかなか日中は売却活動ができないため、夜の時間を有効に使うことができるところが希望でした。 思うように見つからないときは、妥協しようかと思いましたが、妥協せずに、納得がいくまで探して、本当に良かったと思っています。

残念な不動産会社の対応(もしくは担当者の対応)

折り返しの連絡をもらえるはずが、なかなか連絡がなかったり、約束した期日までに査定金額が出なかったりと、期待を裏切られるような対応も少なからずありました。 季節的に忙しかったのかとも思いましたが、そういう不動産会社は依頼先の候補からすっぱりと外し、信頼できるところを探そうと、気持ちを切り替えるようにしました。

取引した不動産会社に決めた理由

複数の会社に相談しましたが、売却を急いでいたため、決定するまでにあまり時間は残されていませんでした。 実際に担当者と話してみて、その中でもマンション販売に関しての知識・経験が豊富な方がいる不動産会社を選びました。 困ったときにも、常に前向きで建設的な提案をしてくれて、本当に選んで良かったと思っています。

もう一度売却活動するとしたら何に気をつけるか

もし今回と同じような活動をするようなことがあれば、もっと時間的に余裕を持って活動をしたいと思います。 今回は居住中の売却活動だったこともあり、あまりきれいに清掃ができていたとは言えない状況でした。その点では多少、マイナス評価されも当然でしたが、もし時間があれば、事前にできるだけきれいに清掃した上で、査定をしてもらうことも可能だったでしょう。 査定金額がアップするように、事前に清掃などを徹底的にやろうと思います。

最終的に売出価格をどうやって決めたか

売出価格は、近隣の相場との兼ね合いがいちばん大切だと思ったので、不動産会社の担当者に相場を徹底的に調べてもらい、それよりも若干安目に売出価格を設定してもらいました。 駅からも近い、人気のある物件のため、もっと強気の価格設定も考えたのですが、何しろ売却を急いでいたために、納得した上で売出価格を決めました。

これから売却活動する人へアドバイス

もし準備する時間があるようなら、できるだけきれいに清掃した上で、査定をしてもらうと良いでしょう。 また売却を急いでいる場合には、居住中の物件を内覧してもらうのもよい方法だと思います。 もし売却が遅れることで、余分に発生する費用があるならば、その点を見越して、売出価格を決めることも大事だと感じています。

FavoriteLoadingこの体験談をお気に入り登録する

別の不動産売却体験談を読む


不動産売却体験談を検索