準備万端で!

準備万端で! な売却体験談

ニックネーム:みさき 売却経験回数:1回 エリア:東京都立川市

売却活動をして初めて知ったこと・気づいたこと

1件目、2件目の不動産は自分が知らないことや準備をしておかなきゃいけないことを知る場だと割りきったほうが良い。最初から上手く交渉したり、必ず良い対応をしてもらえるとは思わないほうが良いというのを学んだ。正直、考えないけいけないことがたくさんあったので、面倒に感じることもすごく多かったが、物件を売るなんて言う経験は一生にそんなにあることじゃないと思うので、力を抜かずに徹底してやらないといけないなと実感した。

一括査定してよかったこと

一括査定はしていません。

何社の不動産会社に相談したか、その不動産会社はどうやって見つけたか

5社:銀行の名前が付いているところ、CMでやっているような大手に行けば良いんだろうと考えていたのですが、結局1社、2社と会ってみてもあまり納得できるような話ができなくて、インターネット上の評判などを探して、評価が高くて土日も対応、そして急な話があっても仕事帰りに寄れるような時間帯まで空いてるところを選びました。

残念な不動産会社の対応(もしくは担当者の対応)

やっぱり自分達が持っている理想に近づけてくれようとする努力が見えないと、とっても残念になりますね。とっても無理難題を押し付けているという話しならまだしも、「こうだから難しい」という話だけで終わるというのは非常に時間の無駄感がありますね。 こういう経験があったのである程度の理論武装が必要なのか?って思ってしまいました。あまり、店員と客の関係という感じがしなかったです。 もちろん、下手に出て欲しいという事では決してないんですけど。

取引した不動産会社に決めた理由

1社、2社と会って経験した事で、自分の中で「こういう話し方をすれば良い」というのはある程度準備ができたというが強いのですが、自分達の希望に沿うように努力をしてくれる姿勢を見せてくれて、すんなりと話を進めてくれそうという印象が強かったので、この人に任せたいという気持ちが強くなったというのが、何よりも理由です。

もう一度売却活動するとしたら何に気をつけるか

相場観を知ったり、ローンの残高など、ありとあらゆるシミュレーションが出来るように、出来るだけ準備をしておくということだと思います。これは一度売却を経験したから言えることですから、今は「事前にこういう事を考えておかなきゃいけない」というケースになった場合でも、比較的スムーズな交渉がきでるんじゃないかと思います。 それと、色々知ることでどこまでが高望みでないのかというのはも

最終的に売出価格をどうやって決めたか

自分の交渉と条件提示なども踏まえて色々と対応してくれた結果として、自分が元々提示していた希望額に沿った内容と条件になったので、却下する理由はなくそのまま売却決定となりました。自分がシミュレーションしていた希望額に見合った以上、釣り上げる必要もないですし、何一つ不満がない結果だったので非常に満足することができました。

これから売却活動する人へアドバイス

とにかくありとあらゆるシミュレーションが必要になるので、転居にかかるコストなども含む、ありとあらゆる出費を出して、例え概算でも良いから、数字を突き合わせて考えられるようになるのがベストです。ただ、最初からその材料が整えようというのは難しいと思うので、最初の1社は不足の知識を補う場と捉えて、最初からいい話が出来る事はないくらいの覚悟はすると良いかもしれません。

FavoriteLoadingこの体験談をお気に入り登録する

別の不動産売却体験談を読む


不動産売却体験談を検索