仲介手数料あんなにかかるんですね

マンションの売却価格をチェック

マンション売却・賃貸の査定額を比較しましょう。
step 1
step 2
step 3

売却すると 提携数は全国2500店舗超

提携数は全国2500店舗超

仲介手数料あんなにかかるんですね な売却体験談

ニックネーム:ちょっと反省中 売却経験回数:1回 エリア:東京都世田谷区

売却活動をして初めて知ったこと・気づいたこと

今回売却活動をしてみて、仲介手数料が「あんなにかかるんだ!」というのが実感でした。 実際に売れた価格から税金などが差し引かれることに加えて、仲介手数料をとられたら、手元に残った金額は思っていたよりかなり少なくなってしまいました。 また仲介手数料は会社によって違うということも、今回知ったことのひとつでした。

一括査定してよかったこと

査定金額は会社により異なるのが当然なので、できるだけ高い価格で査定してもらうためにも、可能な限り多くの会社から査定をしてもらいたいと思っていました。 一括査定は、簡単な手続きで、いっぺんに多くの不動産会社からの査定見積もりを得られる可能性があるため、とても期待していました。 実際に6社ほどから査定をもらうことができ、利用して良かったと思っています。

何社の不動産会社に相談したか、その不動産会社はどうやって見つけたか

2社:一括査定で査定をしてくれた不動産会社の中から、2社を選んで、相談しました。 駅前の不動産会社なども利用しようと考えていたのですが、個別に査定をしてもらうことが面倒になってしまい、今回は相談しませんでした。 担当者とはメールや電話でのやりとりが中心になりましたが、とても効率良く、相談することができました。

残念な不動産会社の対応(もしくは担当者の対応)

メールでのやりとりの場合、なかなか返信が戻ってこないと、時間を無駄にしたような気がしてしまいます。1日以上経過しても返信がなかったところとは、取引先としてふさわしくないと思い、連絡をやめてしまいました。 また電話の場合でも、折り返しの連絡をなかなかもらえないところがあり、やはり同様に、取引先の候補から除外しました。

取引した不動産会社に決めた理由

何と言っても担当者のレスポンスが早かったことが決め手でした。 またマンション取引の経験が豊富で、さまざまな知識を有していることも、とても頼もしく感じました。 わからないことがあっても、常に的確に回答してくれたため、取引終了まで、安心して任せることができました。 もし知人から不動産売却のことで相談を受けたら、紹介してあげたい人です。

もう一度売却活動するとしたら何に気をつけるか

もう一度売却活動をするとしたら、きちんと仲介手数料や控除される税金などの額を計算して、実際に手元に残る金額を確認した上で、売出する価格を決めるようにしたいと思います。 売出価格と実際に手に入る金額との間にはかなりの差があるということを念頭に置いて、後になって後悔することがないように売却活動をしたいです。

最終的に売出価格をどうやって決めたか

売出価格はこちらの希望する金額をベースにして、同じような立地条件の物件価格を参考にして、担当者と一緒に決めました。 「これくらいの価格で売れればいいな」と思って決めた価格でしたが、実際に手にするお金との差が思いの外大きかったので、こんなことならもっと高い売出価格を設定しておけば良かったと、少し後悔しています。

これから売却活動する人へアドバイス

これから不動産を売却しようと考えている方には、仲介手数料のことをよく勉強した上で、売出価格を決めてほしいと思います。 私自身は仲介手数料の金額を軽視していたため、売却後に手にしたお金は、当初想定していたよりもかなり少額に思えました。 私のようなことがないように、事前にシミュレーションした上で価格設定をされることをお勧めします。

FavoriteLoadingこの体験談をお気に入り登録する

別の不動産売却体験談を読む


不動産売却体験談を検索