築浅の一戸建てでした

築浅の一戸建てでした な売却体験談

ニックネーム:ありす 売却経験回数:1回 エリア:神奈川県川崎市

売却活動をして初めて知ったこと・気づいたこと

別の場所に2世帯住宅を作ることになり、現在の住まいを売却する事になりました。 現在の住まいは築浅の一戸建て住宅で、駅からも近いため売り出せば直ぐに売れるのではないかと感じていましたが、いざ売ろうとした時、どこにお願いをすれば良いのかと言った疑問がわいて来たのです。 不動産会社と言っても多数ありますのでまずは不動産会社を探す事から始める必要が有るのです。

一括査定してよかったこと

知り合いに相談をしたところ、インターネットの中には一括査定が出来るウェブサイトが有ると言う事を教えて貰いました。 車の売却を行う時などにも一括査定を利用すれば一番高く買い取りをしてくれるお店を探し出せると言うのと同じで、一括査定を利用する事で家の価値を知ることが出来ると同時に、高く売れそうな不動産会社を探せると言うメリットが有ります。

何社の不動産会社に相談したか、その不動産会社はどうやって見つけたか

3社:相談を行った会社は3社になります。 不動産会社は一括査定を利用して探した会社で、対応が良かった会社を選びました。 また、自宅から比較的近い場所にある会社を選んでおり、相談を行う時など電車に乗って通う必要が無いと言ったメリットも有るのです。 更に、夜遅くまで営業をしているので主人に会社帰りに立ち寄って貰う事も出来るなどのメリットも有ります。

残念な不動産会社の対応(もしくは担当者の対応)

相談をした会社の中には築浅の物件でも、査定額を超える金額で売るのは難しいと言う前向きではない姿勢を持つ会社や、こちらからお願いをしないと動いてくれないルーズな感じの会社も有りました。 やる気が感じられない事からも、このような会社は除外をしたのですが、売却を手伝う意思がない会社が存在している事が残念に感じたのです。

取引した不動産会社に決めた理由

取引をした不動産会社は駅から近い場所に在る会社です。 相談に行く時なども駅に近いの便利ですし、この会社の担当者はこちらの都合に合わせて動いてくれる人で、親身になって話を聞いてくれるなど相談に応じてくれたことからも、この会社に依頼をしたいと思いました。 また、築浅であり駅からの距離も近いので希望額で売れるよう頑張りますと言ってくれたことも嬉しい出来事です。

もう一度売却活動するとしたら何に気をつけるか

一戸建て住宅の価値と言うのは土地に在ると言われていますが、自分が売却を行った家と言うのは築浅の物件です。 それ故に建物に付いても価値が有りますので、査定を受ける時に価格相場を知っておけばもう少し高く売れたのではないかと感じています。 そのため、次回売却をする時には家の価格相場を専門家に調べて貰い、その上で査定を利用したいと考えています。

最終的に売出価格をどうやって決めたか

複数の会社に対して査定を依頼しましたが、この査定は土地の面積や建物の面積、間取り、土地の特徴、建物の築年数と言った数字での査定であり、実際の物件を見て査定をしている物ではありませんので、一括査定での金額は売り出し価格としての利用は出来ません。 そこで、不動産会社の担当者が家を見て査定をしてくれた金額を売り出し価格として販売をスタートしたのです。

これから売却活動する人へアドバイス

これから売却の活動をする人は、最初に家の価値を知る目的において相場を掴んでくれると良いと言えます。 そのうえで一括査定を利用して複数の会社から査定の見積もりが届きますので、相場と査定の金額を比較をして相場に近い金額で査定をしてくれた会社に売却の依頼をする事で希望額での不動産の売却が出来るようになるのです。

FavoriteLoadingこの体験談をお気に入り登録する

別の不動産売却体験談を読む


不動産売却体験談を検索