失敗した不動産会社選び

失敗した不動産会社選び な売却体験談

ニックネーム:JEANA 売却経験回数:1回 エリア:群馬県太田市

売却活動をして初めて知ったこと・気づいたこと

実家の両親が高齢になり、バリアフリーのアパートに転居することになりました。 長年住んでいた築40年の平屋家屋、土地面積50坪の物件を売却するにあたり、一括査定を利用してお世話になる不動産会社を決定致しました。 売却にあたり、物件の登記が「農地」になったままで、「宅地」に登記変更しないと、希望価格にはほど遠くなるということを初めて知りました。

一括査定してよかったこと

両親が車椅子を使った生活をしているため、不動産会社まで出向かなくても、たくさんの資料の中から売却に必要な情報を得ることができた点が、とても助かりました。 気になる不動産会社にひとつひとつ資料請求をしたり、店舗まで相談に出掛けたりする必要がなかったので、その分時間的な余裕も生まれ、転居作業がはかどりました。

何社の不動産会社に相談したか、その不動産会社はどうやって見つけたか

3社:売却することに決めた当初、近所の不動産で相談に乗ってもらおうとしたのですが、とてもやる気のなさそうな横柄な対応が気になり、別の不動産会社を探すことにしました。 田舎町だったため、近場にそれほど多くの不動産会社があるわけではなかったので、どのように選んだら良いのかわからず、一括査定を利用させて頂きました。

残念な不動産会社の対応(もしくは担当者の対応)

やはり、担当者のやる気がなさそうだったり、横柄な態度を取られたりすると、仮に他の社員が一生懸命やっていたとしても、残念な不動産会社だなぁと思ってしまいます。 一括査定で最終的に選ばせて頂いたところは、とても親身になって相談に乗ってくださり、対応も終始印象が良くて大変満足な売却ができたと感じています。

取引した不動産会社に決めた理由

できる限り売却費用を抑えたかったので、農地から宅地への変更登記は自分でやろうと決めました。 ところが、まだお世話になる不動産会社を決めていないにもかかわらず、土地の変更登記手順をとても親切に教えてくださった担当者の方に好感を持ち、その後の売却もその方にお任せすることに決めました。 登記変更もスムーズに終えることができ、大変感謝致しております。

もう一度売却活動するとしたら何に気をつけるか

恐らく、一括査定を知らなかったら、最初に立ち寄った近所の不動産会社に売却をお願いして、失敗していたのではないかと感じます。 「それじゃ売れませんね」などと、嫌味ばかり言われてとても不愉快な思いをし、家に帰ってから「相談に行くんじゃなかった」と後悔しましたので、大きな失敗をする前にインスピレーションを信じて一括査定をして良かったです。

最終的に売出価格をどうやって決めたか

不動産会社に相談する前に、周辺で売買されている土地や一戸建ての価格相場を調べていたため、周辺の平均的な売出価格を参考にして、担当の方に希望価格をお伝え致しました。 一戸建てとしての売却では、家屋が古すぎて買い手がつかないとのことで、事前に家屋を取り壊しすことに決まり、希望価格で売り出すことに決まりました。

これから売却活動する人へアドバイス

まずは、担当者との意思疎通がスムーズに進むかどうかが大切です。わからないことがあって相談しても、専門用語を連発したり、知識をひけらかしたり、横柄な態度で接してくるような場合は論外です。 短い期間とはいえ、人と人との繋がりがあって売却にこぎつけるものですので、自分と気の合う担当者を根気よく探すと良い結果が得られるはずです。

FavoriteLoadingこの体験談をお気に入り登録する

別の不動産売却体験談を読む


不動産売却体験談を検索