マイナスを最大限出さない

マイナスを最大限出さない な売却体験談

ニックネーム:はる 売却経験回数:1回 エリア:

売却活動をして初めて知ったこと・気づいたこと

幾つかの不動産会社がある中で大した口コミも所持してなかったことから、何処にどんな基準でお願いするべきかが分からなかった。不動産会社1つ1つ見ても、やる気や取り組み方が全然違うということ。あとは専任媒介なんて言葉があり、そちらを選んだ場合は他の不動産会社と売買の話が出来ないということも初めて知りました。

一括査定してよかったこと

一括査定はしてません

何社の不動産会社に相談したか、その不動産会社はどうやって見つけたか

2社。最初はインターネットで見つけた不動産会社に相談してみました。地元でも名前の通った不動産会社でインターネットの物件情報などを見ても数多くの物件を抱えていたこと、これまでの売買契約をした物件の数も多かったことが理由です。 自宅からは20分程度の距離でしたが、何かあれば電話やメールなどで連絡をしてくれました。

残念な不動産会社の対応(もしくは担当者の対応)

営業担当にやる気を感じないことがありました。電話をいれて不在で伝言をお願いしても伝わっていないことはありましたし、折り返しの電話などもありません。他には見学の希望があっても事前にこちらの都合を確認することなく、「機会をのがしたら大変」だとか言われる始末、。反論する間もなく、一方的に日程を決められたなどの勝手な行動もありました。

取引した不動産会社に決めた理由

売買に出してる物件についての進捗の報告はよくありました。ホームページ上にどれくらいのアクセスがあるか?問い合わせはどのくらいあるか?などと言った内容です。他の物件を検討している方に当方の物件もあわせて提案してみたところの反応などについても報告がありました。こちらが聞いたことにも迅速に答えてくれたので任せて間違いないと思ったからです。

もう一度売却活動するとしたら何に気をつけるか

どれくらいの金額で売れるかということを事前にちゃんと調べるべきだったと思います。私の場合は一番最初に売買の仮申込みを希望した人で契約してしまったのですが、ここで焦らずにもう少し気長に待てばまた違う金額で売れたかも知れないと思ってます。数百万円単位の値引きに応じてしまったので、少し早まってしまったかなと後悔しました。

最終的に売出価格をどうやって決めたか

全くわからなかったので不動産会社さんとの相談の上での売出価格を決めました。まずは中古で同じ程度の物件がどの程度で売買されているか?あとは同じ地区で新築で売り出されてもいたので、どうすれば新築よりも中古に関心をしめしてもらえるか?などと言ったことを考えました。マイナスを最大限出さない方向でかつ妥協の出来る金額で決めたと思います。

これから売却活動する人へアドバイス

インターネットや広告などに掲載される売出価格はあくまでも参考の価格かと思います。 実際には数百万円の値引きの希望を申し出される場合もあります。 売買するのに時間がなかったりすると焦ってしまうので相手の希望をのんで決めてしまいがちですが、じっくりと待ってみることで意外と次の売買希望者が出てくる場合もあります。

FavoriteLoadingこの体験談をお気に入り登録する
889e33f28cc0e9146a67d829beb2b1c9_s

別の不動産売却体験談を読む


不動産売却体験談を検索