不動産買取とは。流れや気を付けるべきポイントをまとめました。

不動産買取とはどのような取引のことを指すのでしょうか。様々な取引の中でも、他の取引と比べて不動産買取はどのように流れが変わってくるのでしょうか。不動産買取の際に損をしてしまわないためのポイントもあわせてご紹介していきます。

不動産買取とは


「不動産買取」を説明するにあたり、「不動産仲介」と比較をして説明していきます。不動産買取は取引相手が不動産会社のみなのに対し、不動産仲介は不動産会社を介するものの、取引相手は個人が対象となります。

「不動産買取」とは、不動産を売却したい人と不動産会社の間で行われる取引です。もちろん、不動産会社に不動産買取してもらったのち、不動産会社によって対象の不動産が個人に売却されることもあります。しかし、不動産を売却したい人からすると「不動産買取は個人対個人の取引ではない」ため、内見させたり、広告活動をして自ら買主を見つける必要はありません。

それに対して、「不動産仲介」とは、あくまで不動産会社には取引の仲介人として介入してもらうだけです。不動産会社が仲介で入ってくれている場合には、不動産会社がすべての段取りを勧めてくれてはいるものの、取引自体は個人対個人で行われます。そのため、内見をしたり、広告を出したり、自ら買主を探すことが必要となります。

どちらも不動産を売却することに変わりはありませんが、買主が変わると取引の流れも変わります。価格や契約までの期間にも変化が生じてくるので、十分注意が必要です。

不動産買取の流れ


不動産買取の取引は、どのように始めるのでしょうか。はじめての買取は不安が伴うものです。不動産仲介であれば、比較的想像できるかもしれませんが、買取の場合は流れが違うため、ご注意ください。

事前準備

不動産買取をする際には「査定」といって、売却したい不動産にどれだけの価値があるのかを調べてもらう手順があります。しかし、いきなり査定に進んでも良いかというとそうではありません。査定に進むためにも事前準備が必要となります。

1. 査定に必要な書類を集める

査定をより正確に進めるためにも、書類を揃えることは重要です。特に、即時買取の場合には不動産会社の営業マンが対象の不動産を下見せずに取引が行われてしまうこともあります。その場合、買取額の判断基準はすべて書類ベースとなってしまうため、より正確な情報を不動産会社に提供できるようにしておく必要があります。用意しておきたい書類は以下です。

・固定資産評価証明書:登記に必要
・登記済証明書:所有権の移転登記に必要
・建物図面:部屋の広さや設計を提示できる
・地積測量図:より正確な土地の広さを提示できる
・パンフレット:購入時の条件が提示できる

2. 買取査定額を調べる

書類をすべて揃えて査定をしてもらっても、果たして提示された査定が相場に対してどれくらいの額なのかを把握できないですよね。相場を知らずに査定をしてしまうと、相場よりも安く買い取られているのに気づけずに損をしてしまうこともあります。もちろん、相場通りの査定が出たり、査定額と同じ額で実際に買い取られる訳ではありません。しかし、なるべくリスクを避けるためにも査定額の相場は知っておくようにしましょう。

買取査定

書類を集めたり、査定金額を予測したりと事前の準備が完了したら、いよいよ買取査定をしてもらいましょう。買取査定をする際のポイントとしては、1社の不動産会社だけに絞らないことです。もっとも高く買い取ってもらえる不動産会社を見極めるためにも、複数の不動産会社に査定してもらうようにすると良いでしょう。

査定の方法としては、「机上査定」と「訪問査定」の2つがあります。「机上査定」とは、書類のみで査定する方法です。対して「訪問査定」は、営業マンが実際に対象の不動産に訪問して査定をする方法です。「訪問査定」の方が細かい部分まで見てもらえるので、安心です。なるべく安心感のある訪問査定の方を選択するようにしましょう。

買取価格を教えてもらう

査定が済んだら、必ず買取価格を提示してもらいましょう。査定価格と買取価格は必ずしも同じ金額とは限りません。査定金額が高額だったからといって即決で契約を結んでしまうと、買取金額を見たときに「こんなはずじゃなかったのに!」と後悔してしまうことにもなりかねません。

契約を決断するのは買取金額の提示をしてもらい、その根拠を聞いた後、つまり、納得できたタイミングでするようにしましょう。

打ち合わせ

提示された買取金額が気に入っても、まだ契約を交わすのは早いです。買取金額が決定したら、そこからは譲渡の条件について打ち合わせを繰り返し行うことが重要です。特に、重要な打ち合わせ項目としては以下です。トラブルを避けるためにも口頭のみでの打ち合わせはせずに、必ず文書化するように心がけましょう。

・家具をどうするのかについて
・空調等の設備をどうするのかについて
・売却代金の決済のタイミングをどうするのかについて
・その他売却に掛かる諸費用の支払いは誰が行うかについて

契約

事前準備から、査定、買取金額の提示、打ち合わせを経てようやく不動産買取の契約を結ぶことができます。内見や広告活動がない代わりに、自分で調べなくてはならない項目が多いため、正直「面倒だな」と感じてしまう方もいるでしょう。しかし、なるべく損のない取引をするためにも多少の面倒は耐えても良いのではないでしょうか。

不動産買取におすすめの物件


どのような不動産であれば、不動産買取の取引に向いているのでしょうか。不動産買取は個人に不動産を売却する場合と比較すると、売却金額が異なる傾向があります。売却したい不動産によっては不動産買取をしない方が良いものもあるので注意しましょう。

不動産買取に適している不動産とは

不動産買取には向いているとされる不動産があります。以下の条件に当てはまる不動産は個人への売却が難しいため、不動産会社に買取してもらった方が良いとされています。

・築年数30年以上
・事故物件
・内装の状態が非常に悪い

築年数が長かったり、内装の状態が悪かったりするものに関しては、リフォームやリノベーションをすれば解決できます。しかし、リフォームやリノベーションをするにも費用がかかるので、買取してもらった方が都合が良いという方もいるでしょう。事故物件に関しては、リフォームをして済む話ではないと捉える人がほとんどです。個人が個人に対して売却するのは相当難しいです。そのため、不動産会社に買取してもらうことをおすすめします。

まとめ

今回は、不動産の買取について
・そもそも不動産の買取と仲介では不動産会社の関与の仕方が違う
・不動産の買取の査定金額と買取金額の違いを理解し、複数業者に相見積もりを取ることの重要性
・不動産の買取の契約段階で気を付けておくべきことがある
・不動産の買取に向いている物件があるので、自分の不動産は仲介か買取かどちらが向いているかを確認する
ことが重要であると記載してきました。

不動産買取は、個人ではなく不動産会社が対象の不動産を買ってくれる仕組みです。条件が良くなく、個人にはどうにも購入してもらえないような不動産でも購入してもらえるケースが多いのが不動産買取のメリットです。そのため、どうしても買取価格が個人に売却した場合よりも安くなってしまいます。とにかく急いで売却したい場合や、個人には譲渡できないような条件の場合以外は、不動産買取以外の選択肢を検討してみるのも良いのではないでしょうか。

関連記事

  1. マンション売却にかかる費用(税金・手数料等)を安く抑えるポイ…

  2. 土地売却にかかる税金とは。支払うタイミング・計算方法、知って…

  3. 離婚した際に不動産にかかる税金・費用や流れについて。財産分与…

  4. 不動産競売とは。流れと注意するポイント、デメリットをまとめま…

  5. 不動産のリースバックとは。契約方法や仕組み、メリット・デメリ…

  6. 任意売却とは。流れ・契約方法・仕組みについてまとめました。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
記事一覧