東京の「ど真ん中」は意外に穴場?
知れば知るほど住みたくなる千代田区のおすすめポイント

千代田区

千代田区

子育て医療助成手当金
第1位
出産育児助成手当金
第3位
人口1人あたりの公園面積
第1位

子育てにとっても優れた環境の千代田区をご紹介します。

おすすめポイント1.
都内各所へ抜群のアクセス
おすすめポイント2.
待機児童数が都内で一番最少
おすすめポイント3.
充実の子育て助成金制度

「千代田区」といえば、東京・丸の内などのオフィス街か、国会議事堂・省庁など日本の重要機関が集まるエリアというイメージがありますね。とてもじゃないけど、「自分が住む街」としてはイメージできない、そんな方、多いのではないでしょうか?

実際、千代田区にはそのイメージを裏付ける興味深いデータがあります。それは昼間と夜の人口の差。千代田区の人口は東京23区で最小の約4万7000人ですが、昼間の人口はなんと約82万人にも膨れ上がります。 

その差はおよそ17倍!つまり、昼間はオフィスワーカーや学生が集中する超過密都市で、夜は一気に過疎の町へと変貌する面白いエリアなんです。

そんな極端な一面を持つ千代田区ですが、だからこそ、住む街として考えた時には他のエリアにはない特別な魅力が際立ちます。千代田区の意外な一面を知れば、「東京のど真ん中」が一気にみなさんの住みたいエリア上位にランクインするかもしれませんよ。

閑静な住宅街千代田区は、抜群の住環境

千代田区のおすすめポイント1:都内各所へ抜群の好アクセス

千代田区は日本経済の中心地だけあって、公共交通網が抜群に発達しています。千代田区内にはJR7路線9駅、東京メトロ8路線22駅、都営地下鉄2路線8駅もあって、移動の足にはまず困りません。 それに、都内ほとんどの場所が通勤30分圏内におさまりますし、新宿や銀座でのショッピングも思い立ったらすぐに行けます。長時間通勤でお疲れのあなた、いっそ東京のど真ん中に住めば、もう消耗なんてしないのでは?

千代田区のおすすめポイント2:待機児童が圧倒的に少ない

千代田区は東京でもっとも待機児童数が少ない区です。平成23年度こそ33名の待機児童が発生しましたが、その後は行政努力によって平成24年、26年、27年度に待機児童ゼロを達成しています(わずかに発生した平成25年でもたった4名)。児童館での一時預かり保育や、宿泊型預かり保育も充実していて、忙しく働く子育て世帯にとってうれしい市民サービスが充実しています。

千代田区のおすすめポイント3:子育て世帯にうれしい補助金

子育て関連の補助金も充実しています。出産一時金とは別に、妊娠20週以降の妊婦さんに4万5000円を支給する「誕生準備手当」や、高校生一人あたりに月5000円を支給する「次世代育成手当」があります。そして子供の医療費は、高校生3年生になるまで通院も入院もなんと無料!とことん子育て支援に力を入れている自治体なんです。

  • 「次世代育成手当」の支給対象は、正確には16歳に達する年度の4月1日~18歳に達した日以降の3月31日までの間の児童を養育している千代田区在住の主たる生計維持者が対象となります。高校に通っていない児童も対象となります。
  • 「高校生等医療費助成制度」の対象は、正確には高校生相当年齢(15歳に達した日以後の最初の3月31日を経過し、18歳に達した日以後の最初の3月31日までにある子ども)になります。高校に通っていない児童も対象になります。

千代田区のおすすめポイント4:名門公立高校が豊富

子育て世帯へのおすすめポイントはまだありますよ。千代田区は名門公立校がとても多いのです。江戸城に勤める武家の子弟を通わせるための教育機関が古くからあり、千代田区は歴史・知名度ともに国内屈指の文教エリアとして有名です。小学校は麹町小学校、番町小学校、九段小学校、中学校では麹町中学校、高校では都立日比谷高校などが有名です。有名私立校も多数あるので、教育の選択肢がぐんと広がるのが千代田区の特長です。

千代田区のおすすめポイント5:四季の移ろいを都会で感じられる住環境

東京のど真ん中といっても、千代田区の住環境は充実しています。特に、区民1人あたりの公園面積は東京第1位というくらい、公園施設の整備が進んでいます。日比谷公園に、桜の名所・千鳥ケ淵公園、そして意外に知られていませんが、皇居の中にある公園・東御苑は一般人も入ることができる穴場スポット。四季折々の移ろいを感じながら、ゆったりと都会の中を散歩するのもおしゃれですよね。

千代田区のおすすめポイント6:重要施設を守るため警備網が充実

千代田区の犯罪発生数は23区中15位 で、比較的治安は良い区だといえます(犯罪発生トップ3は新宿区、世田谷区、江戸川区)。皇居や国会議事堂をはじめ国の重要機関や各国の大使館が集中しているため、区の大きさに対して交番の数が多く、エリアの至るところで犯罪を取り締まる目がしっかりと光っています。

千代田区のおすすめポイント7:四季の移ろいを都会で感じられる住環境

千代田区は、今後10年間に区が取り組むべき施策として、在宅介護や医療体制の強化を宣言しています。平成28年1月開設予定の高齢者サポートセンター「かがやきプラザ 」はそのシンボルといえるもので、高齢者向けの相談・活動・交流拠点としての役割を担っていきます。その他、千代田区内の福祉施設を巡回する乗合タクシーや、紙おむつ配送、訪問理美容、寝具乾燥サービスなど、区独自の介護サービスも豊富に提供しています。

物件別・エリア別に適正な不動産会社のご紹介

  • 一括査定ってなに?

    無料査定する

5分で分かる不動産の基礎知識